29歳アラサーOLの東京日記

東京でぼんやり暮らす29歳OLの日記です

一人暮らしOLの引越し

私はこれまで2年ごとに人事異動があり、異動のタイミングにあわせて引っ越しています。

あまり忙しくない部署のときは、少し職場から離れたジムが近くにある家に住んで身体を鍛えて、

出張が多い部署のときは、駅や空港へのアクセス重視で選んでいました。

身軽なひとり身だからこそ、できる気分転換&ストレス解消術です☆

 

そして30歳を迎える今年は、一番住みたかった町に引っ越すことにしました!

若干通勤に時間はかかりますし、少し家賃も高いですが、自分としては満足しています!

まだまだ部屋の片づけをしているところで、快適な空間には程遠いですが、片付けと断捨離を進めているところです。

 

備忘録も兼ねて、引越先を決めて引越会社も決めたあとに必要な手続きをまとめました。

※どれも当たり前のことですが・・・

 

1)インフラ①(電気・ガス・水道)

・それぞれ現住所の使用通知等をみて「お客様番号」を手元において電話

・時間に余裕があれば、インターネットでもできますが、私は直前まで忘れていて、急いで電話で手続きしてもらっています。。。

・特にガスは入居後に開栓してもらわないと、お風呂に入れないので要注意です

(今までの経験だと、電気・水道はそのままでも使えることが多いです)

 

2)インフラ②(郵便)

・郵便局に行って、移転届を入手し記入→窓口で届出

・1週間~10日程度は手続きにかかる模様です。わたしは最初にします。

 

3)住民票変更

・旧住所の区役所にて「転出届」、新住所の区役所で「転入届」

・手続きは平日のみの場所も多く、職場と自宅が遠いときなどは地味に時間のやりくりが大変です。

 

4)インフラ③(携帯電話)

・明細書を送ってもらうことはありませんが、忘れないようにネットで住所変更手続きします

 

5)クレジットカード、銀行登録の住所変更

・私は引越のタイミングで、必要がなくなったカードや銀行口座は解約するようにしています。住む駅、路線によって便利なカードも若干かわるので、見直しのよいタイミングになってます